Field#0 genge no harappa

いよいよ ヘルメットをかぶって ノコギリを持って 木を伐りはじめたんた!
どっちに倒れるかもわからないし、 手探りで。

イマイチ「森づくり」を始めるには まだ自信がないから・・・。
とにかく
①誰にも迷惑がかからなそうで・・・
②何人かの手が入ればすぐに成果が表れて・・・
③何より、喜んでくれる人がすぐ目の前にいる!
・・・フィールドから始めることにしたよ。
それが、げんげのはらっぱ。

いやしかし・・・
いまさならながら、ノコギリで木を伐ることは「重労働」だったのだ!

なかなか倒れず しんどー!!
やれやれ。
でもすぐ風通しがよくなった。
動物たちやおうちに大きな陰をつくっていた木々が取り除かれた。
もちろんかーさんの木を伐っても こどもたちは残してる。

DSC_0884

ちょっとすっきりしたよな、ふふん♪
と思いながら次の週出かけると、
2日前のごーごー吹いたおおかぜのせいで
大木が倒れぐちゃぐちゃと足の踏み場もない!

DSC_0883

森って知らないうちに いろんなことが起きてるんだなー!
おうちに倒れかからなくてよかったよ!
倒れきらず引っかかったままの木飛び散った木
ひとりやふたりでは途方に暮れるけど
みんなでかかれば あっという間に片付くのさ!

も~げんげのかーさんもカンゲキさ~♪

ロープの使い方や倒す方向なんかも少しわかった。
伐れるノコギリ、であることは重要だよ~。

ひとつひとつの動きが理にかなうと 安全なんだ。
考えて動かなきゃね。
からだもあたまも たくさん動いているよ。

1週間にいちど からだもあたまも ふだんと違う動きをするのはいいね。

 

 

広告